ITCのキャッチコピー ITCのキャッチコピー

消防法により非常用発電機に対する「負荷運転」等の点検義務が定められています。
「負荷運転」等の点検を実施していないと法律等違反となります。

法令により非常用自家発電設備の管理者には消火活動に必要なスプリンクラー設備や消火栓ポンプを動かす為の最低30%以上の出力確認点検が義務付けられています。日本の非常用発電機の97%はディーゼル発電機。東日本大震災の時にその多くの発電機が、整備不良により約70%近くの発電機が稼働しませんでした。整備不良に起因するものという結果が出ています。

東日本大震災での非常用発電機の
不具合における点検・設備不良の割合

不具合についてのグラフ 不具合についてのグラフ
法令による罰則等
法令 対象者 罰則
消防法
※総務省
点検報告をしない者又は虚偽の報告をした者
(消防法第44条11号)
30万円以下の罰金又は拘留

ニュース

いざという時に非常用発電設備は
起動・発電できますか?

まずはお気軽に
ご相談・お申し込みください

ITCのイメージ